イーサン・ホーク、レコードレーベルを立ち上げ

©株式会社シネマトゥデイ

広告を表示できません。

イーサン・ホーク - Daniel Zuchnik / WireImage / Getty Images

 映画『6才のボクが、大人になるまで。』『トレーニング デイ』などの演技派俳優イーサン・ホークが、レコードレーベル「セクスホークブラック」を立ち上げたと The Hollywood Reporter が報じた。

【写真】イーサン・ホーク&エマ・ワトソン共演のサスペンス

 これは、ホークと彼の友人、チャーリー・セクストンルイス・ブラックが共同で立ち上げたレコードレーベル。ブラックは、映画製作者で、サウス・バイ・サウスウエスト(SXSW)やオースティン・クロニカルの共同設立者として知られ、一方、セクストンは、オースティン・ミュージック・アワードの音楽監督で、現在は、ボブ・ディランとツアーを回っているようだ。

 現在、イーサンは脚本兼監督を務めたサンダンス映画祭出品作品『ブレイズ(原題) / Blaze』の宣伝をしている。同作はミュージシャン、ブレイズ・ホーリーを描いた長編作で、ブラックは製作総指揮を務め、セクストンはシンガーソングライター、タウンズ・ヴァン・ザント役で出演している。サンダンス映画祭でも高い評価を受け、ブレイズ役を演じたベン・ディッキーが、サンダンス映画祭演技賞を受賞している。

 そしてこのベン・ディッキーが、同レーベルの初のアーティストとして契約を結んだようだ。(細木信宏/Nobuhiro Hosoki)

こんなニュースも

Curated by

Curated by