コンテンツの閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が別途「プライバシーポリシー」に定めるお客様の「アクセスデータ」を取得し、利用することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

B1昇格、今季こそ 熊本ヴォルターズ壮行会

©株式会社熊本日日新聞社

シーズン開幕を前にした壮行会で、あいさつする古野拓巳主将(中央)ら熊本ヴォルターズの選手たち=12日夜、熊本市中央区のエルセルモ熊本(池田祐介)

 バスケットボールBリーグのシーズン開幕を前に、2部(B2)の熊本ヴォルターズは12日、熊本市中央区のエルセルモ熊本で壮行会を開き、出席したスポンサーや競技関係者ら約230人に今季での1部(B1)昇格を誓った。

 チー厶運営会社の熊本バスケットボールの湯之上聡代表が、「開幕に向けて、いい雰囲気の中で準備を進めています」とあいさつ。B1チームとの入れ替え戦で惜敗して昇格を逃した昨季など過去の戦績や、観客動員数などを紹介した。

 選手たちが入場すると、大きな拍手が湧き起こった。今季、小林慎太郎主将と共に新主将に就いた古野拓巳選手が緊張気味にあいさつ。先日のアーリーカップ西日本での優勝に触れ、「初めて公式戦で優勝できて、良いスタートが切れた。目標のB2優勝を目指したい」と決意を語った。

 ヴォルターズの開幕戦は29、30日、熊本市西区の県立総合体育館で昨季B1の島根を迎え撃つ。(米本充宏)

こんなニュースも

紙面を彩った火の国球児たち

「夏の甲子園100回」を記念し、熊本出身のスターたちの〝球児〟時代を取り上げます。 第3弾は「打撃の神様」と呼ばれた川上哲治(熊本工出、人吉市出身)です。

ご購入はこちらから

Curated by

Curated by