中川大志、迫真の壁ドンで女性ファンを魅了「俺の彼女になって!」

©株式会社シネマトゥデイ

広告を表示できません。

女性ファンを魅了した中川大志

 映画『覚悟はいいかそこの女子。』完成披露上映会の舞台あいさつが12日に都内で行われ、主演の中川大志が“エア壁ドン”を披露して会場の女性ファンを沸かせていた。この日は、ヒロイン役の唐田えりか、共演者の伊藤健太郎甲斐翔真若林時英小池徹平、監督の井口昇も登壇した。

中川大志、唐田えりか、伊藤健太郎ら爽やかに登場【写真】

 本作は、椎葉ナナの人気コミックを原作に、イケメンだけど恋愛経験ゼロ、実はヘタレ男子の主人公が、学年一の美少女を振り向かせるために奮闘する姿を描き出す。この日は、女性限定の舞台あいさつということもあり、中川ら登壇者が姿を見せると、客席から黄色い歓声が上がった。

 壇上に立った中川は「撮影からけっこう時間が経ち、久々にみんな揃いました。一瞬で撮影していた雰囲気に戻れる、仲の良いメンバーで作った作品です」とアピール。続けて「馬鹿な男子たちが一生懸命がむしゃらに恋する姿を見て『こいつが頑張っているなら自分も頑張ろうかな』という気持ちになってもらえたら」と話すと、その後は作品にちなんでヘタレ男子脱却をかけた“男の三本勝負”に挑戦した。

迫真の演技で“エア壁ドン”を披露した中川大志

 中川、伊藤、甲斐、若林の男性キャスト4人がゲームに挑戦。ストップウォッチによる時間当てや、電気が流れるペンを使った根性試しなどが行われ、最後は相手と場所を抽選で選び、シチュエーションを妄想しながら演技する告白ゲームが行われた。

 「学校の後輩」を相手に、場所は「放課後」を引いた中川は、誰もいない教室を想像しながら演技を披露。熱演を繰り広げたあと、最後は“エア壁ドン”で「俺の彼女になってくんない!」と決め台詞を吐いて盛り上げた。しかし、審査員役を務めた唐田、小池、井口監督のジャッジは辛口で、「もっともヘタレ男子」の認定を受ける結果に。

 中川の迫真の演技での壁ドンに、井口監督は「ちょっと逃げに入っていたかな」とコメント。しかし、実際の撮影現場での中川については「すごく引き出しが多い方。普段カッコいいんですけど、変な顔もしてくれるし、情けない表情もしてくれたり、演技の振り幅がすごい。現場では座長としてみんなをまとめてくれて助かりました」と称えていた。(取材・文:名鹿祥史)

映画『覚悟はいいかそこの女子。』は10月12日公開

こんなニュースも

Curated by

Curated by