神8―5中(12日)

阪神、四回に一挙5点

4回阪神1死一、二塁、大山が左越えに3ランを放つ=甲子園

 阪神は0―2の一回に糸井の2ランで同点。三回に陽川の適時打で勝ち越した。四回は大山の3ラン、ナバーロの適時打などで一挙5点。岩貞は球に切れがあり、7回2失点で7勝目。中日は小熊が乱れ、九回の反撃も届かなかった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る