芦名星:深Vネック&ノースリーブの白ドレスで大人の魅力 胸元ビジュー&アクセで華やか

MANTAN

 女優の芦名星さんが4日、東京都内で開かれた映画「パーフェクトワールド 君といる奇跡」(柴山健次監督、10月5日公開)の完成披露プレミアに、ゴージャスな白のドレス姿で登場した。ドレスは光沢感とドレープが美しいマキシ丈で、深めのVネックの周りにはパールやストーンなどのキラキラとしたビジューがあしらわれ、ノースリーブからすらりと伸びた右腕にはバングル、左手の中指には大きめのリングを着けて華やかな印象。長い髪をワンサイドに寄せ、耳元に大ぶりなイヤリングを飾り、大人の魅力を振りまいていた。

 イベントには、ダンス・ボーカルグループ「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」の岩田剛典さん、杉咲花さん、須賀健太さん、大政絢さん、柴山監督も出席した。

 映画は、2014年からマンガ雑誌「Kiss」(講談社)で連載中の有賀リエさんのマンガ「パーフェクトワールド」が原作。高校時代の先輩で初恋の相手、鮎川樹(岩田さん)と仕事の飲み会で再会した川奈つぐみ(杉咲さん)だったが、樹は突然の事故で車椅子生活を送っていた。「先輩との恋愛は無理」と思いながら鮎川に引かれていくつぐみと、体が不自由になって恋愛をあきらめかけていた鮎川が、さまざまなハードルを乗り越えながら、幸せな“パーフェクトワールド”を目指す……というラブストーリー。芦名さんは、樹のヘルパーの長沢葵を演じた。

©株式会社MANTAN