閲覧を続けるには、ノアドット株式会社が「プライバシーポリシー」に定める「アクセスデータ」を取得することを含む「nor.利用規約」に同意する必要があります。

「これは何?」という方はこちら

がんで死亡、世界で960万人

WHO、高齢化伴い急増

©一般社団法人共同通信社

患者と死者が多い主ながん

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)は12日、2018年に世界で推計1810万人が新たにがんと診断され、死亡者も960万人に上るとの報告書を発表した。高齢化進展や途上国の人口増に伴い急増し「平均寿命が伸びる上で最大の障害になっている」と分析、予防と早期診断の普及が重要だとした。

 12年は新規患者1410万人、死亡820万人だった。地域別ではアジアが最も多く、新たながん患者の48.4%、死者の57.3%を占めた。がんは日本でも最多の死因となっている。

 報告書は、WHOの外部機関「国際がん研究機関」が185カ国のデータを基にまとめた。

こんなニュースも

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

Curated by