叶美香、デッドプール応援上映にコスプレ姿で登場!

ドミノのコスプレで登場した叶美香

 タレントの叶美香が12日、池袋の新文芸坐で行われた映画『デッドプール2』ブルーレイ&DVD発売記念「俺ちゃんとおしゃべり上映」特別試写会に出席。映画に登場するキャラクター、ドミノの衣装を完璧に再現し、会場の喝采を集めた。

【フォトギャラリー】叶美香、ドミノのコスプレで応援上映に登場!

 マーベル屈指の破天荒ヒーロー・デッドプールの活躍を描く本作。この日は、参加型上映を企画運営するV8J絶叫上映企画チームの協力により、劇場公開版よりも約15分長い「スーパードゥーパー $@%!#& カット(エクステンデッド版)」の応援・発声可能な“おしゃべり上映会”の開催が実現し、コスプレ姿のファンが劇場に詰めかけた。

 そんな熱気溢れる会場に、美香がドミノのコスプレ姿で登場すると、会場からはどよめきが。本作を4回観賞するほどの『デッドプール』ファンだという美香は、「前作にも増して、アクションも見せ場もあって。とってもテンションが上がりました」と興奮した様子。さらに「コスプレをするにあたり、表面的な完成度ではなくて、作品、そしてファンの皆さんに敬意を払うこと。これは叶のポリシーです」と語る美香に、会場からは感嘆の声があがった。

 今回のコスプレには、姉・恭子の徹底指導があったそうで、「立ち振る舞い、ポーズなど、けっこう厳しい姉の監修のもと、ベストを尽くして表現をするようにしました」と振り返る美香。立ち方や重心などにも徹底的な指導があったという。

 さらに美香は、コスプレをする際に「下着のマナーも考えております」と言及。「普段のドレスですと、アンダーを見せないように下着をつけないことも多いんですが、コスプレは超過激で、露出が多いものも多いので、その辺はマナーを考えて、線のないショーツをつけることがあります」と徹底したこだわりを明かし、観客も感心した様子を見せた。本日上映されたエクステンデッド版はブルーレイ&DVDに収録されている。(取材・文:壬生智裕)

映画『デッドプール2』ブルーレイ&DVDは発売中

©株式会社シネマトゥデイ