三太郎:新CMで親たちが初登場 菜々緒が桐谷健太に「やめろっつってんだろーが!」

©株式会社MANTAN

広告を表示できません。

au「三太郎」シリーズ新作「家族を話そう。」編の一場面

 auの人気CM「三太郎」シリーズの新作「家族を話そう。」編が13日、公開された。新CMは、三太郎の親たちが初登場。新CMでは、「三太郎」がそれぞれ普段の役の父親に扮(ふん)しており、桐谷健太さん演じる浦島太郎の父が、息子である浦島太郎を可愛がろうとすると、菜々緒さん演じる母親が「やめろっつってんだろーが!」「泣くだろうーが!」とすごむシーンもあるなど、ユニークな会話劇が展開する。

 「三太郎」シリーズは、桃太郎、浦島太郎、金太郎の“三太郎”らが登場し、毎回コミカルなストーリーを繰り広げ、人気を集めている。今回の「家族を話そう。」編は、金太郎(濱田岳さん)の家でお泊まり会をする桃太郎(松田翔太さん)と浦島太郎(桐谷さん)が、それぞれの名前の由来の話になり、三太郎の親たちの時代に舞台が移る……という展開。桃太郎役の松田翔太さんは桃太郎の爺、浦島太郎役の桐谷健太さんが浦島太郎の父、金太郎役の濱田岳さんは金太郎の父、乙姫役の菜々緒さんが浦島太郎の母をそれぞれ演じている。

 今回のCMのために制作したという新衣装を着た松田さんらは、その“変貌ぶり”に、お互いの姿を見て、笑い合う一幕も。出演者は親を演じるにあたり、演技に少し変化を加えたという。

こんなニュースも

Curated by

Curated by