クジラ保護宣言に反発

IWC総会で捕鯨支持国

 【フロリアノポリス(ブラジル南部)共同】ブラジルで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会は12日、3日目の協議を終えた。ブラジルが提案した、クジラ保護推進を訴える「フロリアノポリス宣言」を議論し、捕鯨支持国から反対表明が相次いだ。

 捕鯨支持国と反捕鯨国の対立の深さが鮮明になり、日本が目指す商業捕鯨再開の難しさが示された。

 商業捕鯨の一時停止の重要性などを盛り込んだ宣言に対して捕鯨支持国は反発。日本は「持続的な資源の利用を否定している」と指摘し、アイスランドは「日本の提案は利用とともに保護に言及しているが、これは片側の話しか出ていない」と批判した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS