石破氏、首相の対ロ外交に注文

「国家の威信懸け全力交渉を」

©一般社団法人共同通信社

自民党の石破茂元幹事長

 自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長は13日、長崎市の街頭演説で、前提条件抜きの年内の平和条約締結を提案したプーチン・ロシア大統領の発言に触れ「皆の前でそんなことを言われていいのか。もっと国家の威信を懸けて全力で向かっていかねばならない」と述べ、安倍晋三首相の対ロ外交に注文を付けた。

 北方領土交渉について「経済協力をすれば領土は帰ってくるなんて言ってはいけない」と疑問視した。

 公明党の山口那津男代表は会見で、プーチン氏発言に「意図をよく検討したい。基本方針を踏まえ、日本政府が対応していると認識している」と述べた。