IWC総会でクジラ保護宣言採択

日本の商業捕鯨、再開困難に

©一般社団法人共同通信社

クジラ保護推進のための宣言を採択した国際捕鯨委員会(IWC)総会=13日、ブラジル・フロリアノポリス(共同)

 【フロリアノポリス(ブラジル南部)共同】ブラジルで開かれている国際捕鯨委員会(IWC)総会は13日、4日目の協議が開かれ、クジラ保護推進のために商業捕鯨を一時停止することの重要性などを盛り込んだ「フロリアノポリス宣言」を採択した。日本が提案している商業捕鯨の再開は反対国の理解を得られず、極めて困難な情勢になった。日本のIWC脱退検討も現実味を帯びてきた。総会は14日に閉幕する。

 ブラジルが提案した同宣言は13日午前の採決で賛成40票、反対27票となり、過半数の要件を満たして可決された。法的拘束力はないが、反捕鯨国が国際社会にアピールする材料になる。