米軍大型輸送ヘリ2機が緊急着陸

長崎・対馬空港、天候不良のため

 13日午後4時45分ごろ、長崎県・対馬空港に米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプター2機が緊急着陸した。県対馬空港管理事務所によると、けが人はおらず、機体の損傷もない。防衛省九州防衛局は同事務所に、天候不良による緊急着陸と説明したという。

 空港管理事務所によると、2機には計約30人が搭乗。全員が着陸後に島内のホテルへ移動した。離陸するには燃料を補給する必要があり、離陸の見通しは立っていない。13、14日ともに民間航空機の離着陸への影響はないという。

 福岡航空地方気象台によると、対馬空港周辺の緊急着陸時の天気は雨だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る