馬場馬術の林は46位

馬術の世界選手権

馬術の世界選手権で、演技する林伸伍=トライオン(共同)

 【トライオン(米ノースカロライナ州)共同】馬術の世界選手権は13日、米ノースカロライナ州のトライオンで行われ、2日間に分けて行われた馬場馬術の個人予選が終了し、4選手が出場した日本勢は林伸伍(アイリッシュアラン乗馬学校)の46位が最高で、全選手が予選落ちした。

 各チーム上位3人の合計点で争う団体で日本は15チーム中14位に終わった。ドイツが優勝し、2位米国、3位英国など6位までが2020年東京五輪の出場枠を獲得した。日本は開催国として既に出場が決まっている。

 総合馬術は2日間で行われる馬場馬術が始まり、北島隆三(乗馬ククレイン)は暫定15位につけた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS