野生イノシシ豚コレラ陽性、岐阜

ウイルスは海外から侵入か

豚コレラウイルスの遺伝子検査で陽性反応が出た、死んだ野生のイノシシが見つかった水路=14日午前、岐阜市

 農林水産省は14日、豚コレラが発生した岐阜市の養豚場のウイルスを解析した結果、過去に日本で発生したものとは遺伝子の配列が異なっていたと明らかにした。海外から侵入した可能性が強まったことになる。

 一方、岐阜県は同日、養豚場から半径10キロ圏内で13日に野生のイノシシの死骸が見つかり、県の遺伝子検査で陽性だったと発表した。国の検査機関が詳しく分析、県はウイルスが検出された養豚場との関連を調べる。

 県によると、13日午前10時ごろ、養豚場から約7キロ離れた同市打越の道路脇にある水路で、野生のイノシシ1頭が死んでいると住民から市に通報があった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る

Curated by

47NEWS

47NEWS