福島県立高のトイレで火災

生徒9人搬送、命に別条なし

©一般社団法人共同通信社

 14日午前8時45分ごろ、福島県南相馬市の県立原町高の教員から「校舎内のトイレから出火し、煙が充満している」と119番があった。地元消防によると、煙を吸うなどした女子生徒9人が病院に搬送されたが、命に別条はないという。

 消防や高校によると、校舎2階の女子トイレから出火し、教員が消火した。搬送された生徒の中には、自力で歩けない人もいたという。登校していた約470人は、一時校庭に避難した。

 県警南相馬署によると、個室内のトイレットペーパーが燃えたとみられる。今後詳しい出火原因を調べる。