世界新体操、皆川12位

個人総合決勝、大岩は23位

©一般社団法人共同通信社

個人総合決勝、皆川夏穂のボール=ソフィア(共同)

 【ソフィア共同】新体操の世界選手権第5日は14日、ソフィアで個人総合決勝が行われ、昨年は日本勢最高に並ぶ5位に入った皆川夏穂(イオン)は4種目合計70.950点で12位だった。初代表の大岩千未来(イオン)は63.450点で23位に終わった。

 20歳のディナ・アベリナ(ロシア)が81.450点で2連覇し、種目別3冠と国別対抗を含む5種目制覇を果たした。

 フープ、ボール、クラブ、リボンの合計得点で争われ、皆川は予選14位、大岩は19位で上位24人による決勝に進出した。

個人総合決勝 大岩千未来のリボン=ソフィア(共同)
個人総合決勝、2連覇を果たしたディナ・アベリナのクラブ=ソフィア(共同)