がん患者最多86万7千人

大腸が胃抜き1位に、14年集計

2014年に診断されたがんの部位別患者数

 国立がん研究センターは14日、2014年に新たにがんと診断された人は86万7千人で、過去最多を更新したと発表した。高齢化に伴って増加は続くとみており、18年は101万4千人になると予測する。部位別で最も多かったのは大腸がんの13万4千人で、13年に1位だった胃がんを抜いた。戦後の衛生状態の改善によって胃がんの原因となるピロリ菌の感染者が減ったためとみられる。

 がん患者の内訳は男性が約50万2千人、女性は約36万6千人だった。部位別では、男性は胃が最も多く8万7千人、次いで肺、大腸、前立腺、肝臓。女性は乳房が最多で7万6千人、大腸、胃、肺、子宮が続いた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る