西武・多和田、33年ぶりの珍記録も!? 「防御率4点台で最多勝」の可能性

©株式会社Creative2

西武・多和田真三郎【写真:荒川祐史】

現在リーグ単独トップ14勝、直近では1985年佐藤義則が記録

 9月11日、オリックス戦に先発した西武の多和田真三郎投手は111球で9回までを投げ抜き、今季2度目の完封勝利でリーグ単独トップに立つ14勝目を挙げた。

 ただ、多和田の9月14日現在の防御率は4.14。規定投球回到達者の中ではワースト2位、ソフトバンクのバンデンハークに次ぐ「悪い」数字だ。それでも、14勝はロッテのボルシンガーを抜き、その他の投手を大きく上回ってパ・リーグトップ。自身初タイトルとなる最多勝の獲得も、現実味を帯びてきている。

 過去10年のパ・リーグ最多勝投手を調べてみると、2008年の岩隈久志投手(楽天)、2011年と13年の田中将大(楽天)、昨年の菊池雄星(西武)などが、最多勝と最優秀防御率をダブル受賞した。

 当然の流れだが、防御率のいい投手が多くの白星を積み上げてきたわけだ。実際に、防御率3点台後半で最多勝に輝いたパ・リーグの投手は、この10年で1人もいない。最も高い数字でも、2015年の涌井秀章の3.39だった。

【最近10年間の最多勝投手】
2008年 岩隈久志(☆1.87)21勝
2009年 涌井秀章(2.30)16勝
2010年 和田毅(3.14)、金子千尋(3.30)17勝
2011年 田中将大(☆1.27)、ホールトン(2.19)19勝
2012年 攝津正(1.91)17勝
2013年 田中将大(☆1.27)24勝
2014年 金子千尋(☆1.98)16勝
2015年 大谷翔平(☆2.24)、涌井秀章(3.39)15勝
2016年 和田毅(3.04)15勝
2017年 菊池雄星(☆1.97)、東浜巨(2.64)16勝
※()は防御率。☆は最優秀防御率も獲得。

 では、多和田と同じ「防御率4点台」で、最多勝に輝いた投手はいたのだろうか。2000年に14勝で最多勝を獲った松坂大輔(西武)の防御率が3.97と“惜しい”数字だったものの、21世紀になってから、両リーグにおいて「防御率4点台で最多勝」の投手は存在しなかった。

 さらにさかのぼると、1985年の佐藤義則(阪急)が防御率4.29で最多勝を獲得している。これが日本球界における「防御率4点台で最多勝」の最も直近の記録で、以降32年間、それに続く投手は現れなかった。ちなみにこの年、佐藤が挙げた勝ち星は21で、その後パ・リーグの20勝投手は2003年の斉藤和巳(20勝)まで待つことになる。

 今後はパ・リーグ最多勝の行方とともに、多和田の防御率にも注目が集まりそうだ。(「パ・リーグ インサイト」編集部)

(記事提供:パ・リーグ インサイト)