ロシアの処分解除に前進

世界反ドーピング機関

©一般社団法人共同通信社

 【ソフィア共同】世界反ドーピング機関(WADA)は14日、資格を停止しているロシア反ドーピング機関(RUSADA)について、コンプライアンス(法令順守)審査委員会から資格回復の提案を受けたと発表した。20日の理事会で審議する。処分解除へ大きな前進で、同国選手の2020年東京五輪・パラリンピック出場可否を左右する注目の判断となる。

 ロシアは15年11月に組織的な不正に関与したモスクワの検査所の認定が取り消され、RUSADAも規定を順守していない「不適格組織」として資格停止処分を科された。再認定へは諸条件が提示されていたが、これを満たしたという。