東郷製作所、むろらん東郷が胆振東部地震義援金500万

©株式会社室蘭民報社

 胆振東部地震の発生を受け、自動車用バネ製造の東郷製作所(愛知県東郷町、相羽繁生社長)と子会社のむろらん東郷(室蘭市仲町、稲川圭二社長)が14日、胆振管内の被害に対する義援金500万円を、胆振総合振興局に届けた。

 相羽社長が同日急きょ道内入りし、苫小牧市内で山口修司胆振総合振興局長に目録を手渡した。相羽社長は「室蘭での操業は市や振興局など地元の協力があってのこと。その地域が苦しんでいる。ほんの気持ちだが、復旧に役立ててもらいたい」と述べた。

 山口局長は「停電で企業にも影響が出ている中、地震発生から1週間という短期間で決断し、来道いただいたことに感動しています。浄財は被災地域の一日も早い復旧に向けて有効活用したい。振興局も復旧へ全力を尽くします」と感謝した。被災地支援の財源に充てるという。(鞠子理人)

【写真=山口局長に義援金目録を手渡す東郷製作所の相羽社長(右)】