南部らーめんからの平泉駅、夜【動画】

©株式会社エキスプレス

東北のシリコン・ケミカル系拠点を、鉄道とカーシェアリングでまわった3日間。

この日、クルマで4拠点をまわって、トリップメーターが300kmを超えたあたりで夕飯。

日も暮れて、国道4号奥州街道。右手に栗駒山、左手に北上川と東北線。

ドライブイン(死語)が見えてきて、なんにも調べずしれっとクルマを入れる。

南部らーめん。入ってみると、60代夫婦と思しき客が2人。店主は白髪のおじちゃん。

南部らーめん 味噌味 580円を注文。おじちゃんが中華鍋でカンカンともやしを炒めてる。

で、出てきたのがこれ。南部鉄器で。甘みを感じる味噌と、独特の焼豚が、初めての味。

ふたたび平泉バイパスを走り、卯の花清水、無量光院跡、伽羅御所跡をヘッドライトで追いながら、夜の帳が下りた平泉駅へ。

平泉駅は、直線2面2線のシンプル構造。発着する電車は1時間に1本。

18時48分にやってきた盛岡行き普通列車1549Mには、2~3人の乗車客と、数人の降車客。

電車が行くと、むかえにきたクルマのテールライトが遠ざかり、また静寂がおとずれる。