対中関税17日にも発動表明

米大統領、税率10%に下げ

©一般社団法人共同通信社

トランプ米大統領(ロイター=共同)

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)電子版は15日、トランプ米大統領が知的財産権侵害を理由に、中国からの年2千億ドル(約22兆円)相当の輸入品に対する第3弾の制裁関税発動を17日か18日に表明すると伝えた。米消費者への悪影響を抑えるため、税率は予定の25%から10%へ引き下げる。実際の発動は数週間後になる見通し。

 中国の劉鶴副首相が率いる代表団が訪米し、ムニューシン米財務長官らと27、28日に閣僚級の貿易協議をワシントンで開催する。米側は協議前に発動を表明して対中圧力を一段と強化し、中国側に譲歩を迫る考えだ。