米軍ヘリ、長崎空港に緊急着陸

対馬の2機に続き

 防衛省九州防衛局は16日、長崎県大村市の長崎空港に15日、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)所属のCH53E大型輸送ヘリコプター1機が緊急着陸したと明らかにした。けが人や機体の損傷はなく、民間機の運航に影響もなかったという。長崎県では13日にも、対馬空港で普天間所属の別の同型ヘリ2機が緊急着陸していた。

 九州防衛局によると、長崎空港への着陸は15日午後4時40分ごろ。米軍からは16日午前に「通常の訓練中に、コックピット内の警告灯が点灯したため予防着陸した」と連絡があったという。ヘリは同日午後0時25分ごろ、安全点検を終えて離陸した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る