警察官ら3人をひき逃げ 容疑の男「酒を飲んでいたので逃げた」 千葉

 千葉県警八千代署は14日夜、自動車運転処罰法違反(過失傷害)と道交法違反(酒気帯び、ひき逃げ)の疑いで、八千代市米本、自称清掃業、塚原雅利容疑者(58)を逮捕した。同署によると、男女計3人が重軽傷を負い、うち男性1人は柏署の警察官(39)=船橋市=だった。

 逮捕容疑は同日午前9時50分ごろ、八千代市緑が丘西2の商業施設駐車場内で乗用車を運転し、休暇中だった柏署の男性警察官の車に衝突。男性警察官と、同乗していた母親(74)に重傷、父親(74)に軽傷を負わせたまま逃走した疑い。

 八千代署によると、塚原容疑者は事故直後に車を降りて話し合ったが、途中で逃走。事故からおよそ20分後、同署に出頭した。塚原容疑者は「酒を飲んでいたので逃げた」と供述している。呼気からは基準値を超えるアルコールが検出された。

©株式会社千葉日報社