SB柳田、打球受け側頭部打撲

西武戦の試合前練習で

西武の打撃練習の打球が頭部に当たり、横たわって救急車の到着を待つソフトバンク・柳田=メットライフドーム

 ソフトバンクの柳田悠岐外野手が16日、メットライフドームでの西武戦前の練習中に相手チームの打球を頭部に受け、埼玉県所沢市内の病院で左側頭部打撲と診断された。骨折などはなく脳振とうの所見も見られなかった。

 一塁ファウルゾーンで体を伸ばしていたところ、鋭い打球がワンバウンドで当たった。救急車で搬送されたが、試合開始前に球場へ戻った。29歳の柳田は15日までに今季116試合に出場し、打率リーグトップの3割5分7厘、34本塁打、95打点と活躍していた。工藤公康監督は「腫れているという話は聞いている」と話した。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る