今治島しょ部のイノシシ被害対策、獣医学生とタッグ 岡山理大有志が調査研究開始

 岡山理科大獣医学部(愛媛県今治市いこいの丘)の学生が、地域貢献や実践的な学習を目的に今治市島しょ部のイノシシ被害対策へ調査、研究を始めた。このほど、伯方島や大三島を訪れ痕跡調査や処理施設を見学、懇親会で住民らと交流した。

イノシシ被害対策の研究について説明する獣医学部生

Follow

愛媛新聞社

on

©株式会社愛媛新聞社

愛媛新聞ONLINEアプリ

愛媛のイベントやスポーツ、伊方原発など、ホッとする話題から政治・経済まで。毎日、あなたにお届けします。ダウンロード無料です。

ダウンロードはこちら