通算2アンダーフィニッシュのイ・ボミ 完全復活まで「もう少しだと思う」

通算2アンダーで大会を終えたイ・ボミ(撮影:上山敬太)

<マンシングウェアレディース東海クラシック 最終日◇16日◇新南愛知カントリークラブ 美浜コース(6446ヤード・パー72)>

2日目に「68」をマークして27位タイまで順位を上げたイ・ボミ(韓国)は、この日3バーディ・2ボギー・1ダブルボギーの「73」と1つスコアを落とし、トータル2アンダーでホステス大会を終えた。

「先週までティショットが右に飛ぶのが怖くて。徐々によくなっていたのですが、今日は少しその不安が出てしまいました」と、この日は左へと打ち込むシーンも目についた。スタートからパーを6つ並べて迎えた7番パー4のダブルボギーや、左バンカーにつかまりボギーとした9番は、いずれもティショットが左に飛んで喫したもの。その後、2つスコアを戻したものの、14番も左OBに打ち込んでボギーとした。

それでも「OBを打ってもボギーで抑えることができたし、スコアを落としたホール以外はいいショットが多かったです。自信になった」と手ごたえ。最終18番でもバーディを奪い、「実りがあった」という3日間を締めくくった。

今大会、ボミのバッグを担いだのはニュージーランド出身のスコット・ビント氏。黄アルム(韓国)の紹介で急きょタッグを組んだが「すごく的確で、ポジティブなことをたくさん言ってくれました」と、パートナーからの言葉もラウンド中の支えとした。

「もう少しだと思います」と復調について語ったボミ。今後は「日本女子オープンゴルフ選手権」などビッグタイトルも控えるが、「なんとかマスターズまでには取り戻したい」と、ホステスとして迎える「NOBUTA GROUP マスターズGCレディース」(10月18日〜10月21日)前までの“完全復活”を思い描いている。今はまだ道半ば。しかし、迷路の出口は徐々に近づいている。(文・間宮輝憲)

©グローバルゴルフメディアグループ株式会社