ケツメイシ大蔵がレオに打たれた? LH天王山で1打席対決、結末はまさかの…

◆西武-ソフトバンク(16日・メットライフドーム)

10月27、28日に初めてメットライフドームでのライブを行う4人組ヒップホップグループ、ケツメイシのリーダー大蔵が、試合前の1打席対決に登場した。

大蔵が投手を務め、打席には西武のマスコットキャラクター「レオ」が立った。3球勝負で初球、2球目はすっぽ抜け。ラストの3球目をレオが打ち返すと、遊撃を守っていたソフトバンクのマスコットキャラクター「ハリーホーク」がまさかのトンネルという予想外の?形で決着した。

西武とソフトバンクが優勝争いの正念場を迎えている中、大蔵は「大事な試合で、ピリピリした中で投げました。緊張して、久々にいろんなところから汗が出た。独特の緊張感があった」と苦笑い。8月に西武・山川から直接指導を受けていたたことも明かし「握り方から教わって、肩をつくってきた。練習では(球速)100キロちょいまで出ていたけど、この緊張感はなかったので」と振り返った。

=2018/09/16 西日本スポーツ=

Follow

西日本スポーツ

on

©株式会社西日本新聞社