ロッテ福浦、2000安打まであと「3」 2回に適時打放ち通算1997安打

ロッテ・福浦和也【写真:荒川祐史】

2回無死二塁で楽天先発の岸からタイムリー

■ロッテ – 楽天(16日・ZOZOマリン)

 ロッテの福浦和也内野手が、通算1997本目の安打となるタイムリーを放った。16日、本拠地ZOZOマリンでの楽天戦。「8番・DH」でスタメン出場した福浦は、2回の第1打席で先制の適時打を放った。

 この回先頭の鈴木が二塁打を放って出塁。無死二塁で打席に入った福浦は2ストライクからの3球目、楽天先発の岸のストレートを右前へと運び、先制の適時打とした。

 この日まで通算1996安打としていた福浦。これで1997安打に伸ばし、通算2000安打まで残り3本とした。(Full-Count編集部)

©株式会社Creative2