【高校野球秋季県大会】慶応が桐光にコールド勝ち 4回戦進出

 高校野球の秋季県大会で16日、今夏の全国選手権大会に出場した慶応が桐光学園を12―5の七回コールドで下し、4回戦進出を果たした。

 夏の北神奈川大会決勝の再現となった注目のカード。慶応は桐光の先発・左腕冨田冬馬(2年)を初回から攻め立て、2死無走者から4連打で3点を先制。二回には2死満塁のチャンスで4番廣瀨隆太(同)が走者一掃の3点二塁打を放って点差を広げた。投げては3投手のリレーで5失点にまとめて逃げ切った。

 桐光は6点を追う三回に犠打と四球を挟む4連打で3点を返したが、以降は七回の2得点にとどまった。

 慶応の森林貴彦監督は「桐光さん相手に正直言ってできすぎ。2アウトから得点を重ねる粘り強いバッティングを選手たちが徹底してくれた」と話した。

 慶応は4回戦で津久井浜と対戦する。

3安打3打点の活躍で勝利に貢献した慶応の主砲廣瀨=バッティングパレス相石スタジアムひらつか

©株式会社神奈川新聞社