「モス」食中毒で営業停止、長野

3日間、「茅野沖田店」

©一般社団法人共同通信社

 ハンバーガーチェーン「モスバーガー」の利用者が相次いで食中毒の症状を訴えた問題で、長野県諏訪保健所は16日、同県茅野市にある「茅野沖田店」を18日まで3日間の営業停止処分にした。

 保健所によると、8月18日に同店を利用した男女2人の便から腸管出血性大腸菌O121が検出された。2人は快方へ向かっている。

 チェーンを展開するモスフードサービス(東京)は14日、関東甲信地方8都県にある19店舗を8月10~23日に利用した計28人が食中毒の症状を訴えていると公表。「本部から納入した食材が原因となった可能性が高い状況だ」と説明していた。