STU48が呉訪問 豪雨被災地を元気に 

 西日本豪雨の被災地を励まそうと、帆船みらいへ(230トン)が15日、広島県呉市の呉港に初入港した。呉港での歓迎式には矢野帆夏さん(19)らアイドルグループ「STU48」のメンバー3人も参加した。

 みらいへは全長約52メートル、マスト高約30メートル。神戸港を母港に社員研修や修学旅行での海洋体験で使われている。被災地を元気付けるため呉市入りしたもので、この日は船内を一般公開した。16日は有料で体験航海をする。

 矢野さんらは大和ミュージアムなどを見学。入船山記念館で旧呉鎮守府司令長官官舎の歴史などを学び、呉の様子を早速ツイッターに投稿していた。

入船山記念館で学芸員(右端)から旧呉鎮守府の歴史などについて教わる矢野さん(左端)ら

Follow

中国新聞

on

©株式会社中国新聞社

カープや高校野球の情報が満載

カープやサンフレッチェ、高校野球などの情報をいち早くお届けする中国新聞社のモバイルサイトです。スマホでもガラケーでもOK!

詳しくはこちら