W杯の男子470級で岡田、外薗組が優勝

 セーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会最終日は16日、十分な風が吹かなかったために男女470級の最終レースが中止となり、男子で第8レースを終えて首位に立っていた岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組の優勝が決まった。女子は吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が2位。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る