脱税疑惑で姿消した美人女優ファン・ビンビン、中国報道官がコメント

2018年9月14日、米紙ニューヨーク・タイムズによると、中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は定例記者会見で、脱税疑惑でメディアや人前から姿を消した中国の美人女優ファン・ビンビン(范冰冰)についてコメントした。

ファン・ビンビンは、「X-MEN:フューチャー&パスト」などハリウッド映画にも出演し、昨年のカンヌ国際映画祭ではコンペティション部門の審査員を務めるなど、国際派女優として活躍している。だが今年5月末、「陰陽契約(二重契約書)」による脱税疑惑が持ち上がり、それ以降は表舞台から姿を消している。

中国中央テレビ(CCTV)の司会者だった崔永元(ツイ・ヨンユエン)氏が今年5月29日、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)で、「ある役者が一つの作品への出演で大小2つの契約書を交わしている」と指摘した。小さい方の契約書は1000万元(約1億6100万円)の「(明るみに出ても構わない)陽契約」、大きい方は5000万元の「陰契約」で、この役者は所得隠しのために、1000万元の契約書についてだけ税金を申告しているとした。

台湾の自由時報は14日、「ファン・ビンビンの自宅から何台もあった高級車がなくなり、海外に移していた資産も取り調べの対象となっている」と報じている。

耿報道官は、外国人記者からファン・ビンビンについてコメントを求められ、「それは外交上の問題だと考えているのか」とだけコメントした。(翻訳・編集/岡田)

Follow

レコードチャイナ

on

©株式会社 Record China

The World Video

世界中の厳選した動画に日本語説明を付けてみなさまにお届けします。

サイトを見る