広瀬すず:カラオケの持ち歌はまさかの“合唱曲” 「1人で気持ちよく歌います」

映画「SUNNY(サニー) 強い気持ち・強い愛」の大ヒット御礼舞台あいさつに登場した広瀬すずさん

 女優の広瀬すずさんが16日、東京都内で行われた映画「SUNNY(サニー) 強い気持ち・強い愛」(大根仁監督)の大ヒット御礼舞台あいさつに登場。1990年代のヒット曲が多数登場するなど音楽が重要な要素の同作にちなんでカラオケの話題になり、大根監督から「カラオケで何を歌う?」と聞かれた広瀬さんは「合唱曲。音楽コンクールで練習した……」とはにかみながら回答。一緒に登場したリリー・フランキーさんが驚き「1人で?」と聞くと、広瀬さんは「1人でです。気持ちよく歌います。1回目ソプラノで歌ってみたり、(次は)アルトで歌ってみたり……」と照れ笑いを浮かべていた。

 舞台あいさつには主演の篠原涼子さん、リリーさん、大根監督も出席。観客からの質問コーナーもあり、歌について「今後、歌の仕事の予定は?」と聞かれた篠原さんは「歌はやりたいなと思っています。まだ未定ですけど、やりたいなと思っているので、チャンスがあったら、お届けできるように頑張ります」と意欲を見せていた。

 映画は、韓国でヒットした映画「サニー 永遠の仲間たち」が原作。1990年代に青春を謳歌(おうか)した女子高生グループ「サニー」の6人は、20年以上がたち、それぞれ問題を抱えていた。メンバーの一人・専業主婦の奈美(篠原さん)は、末期がんになったかつての親友・芹香(板谷由夏さん)と再会する。「死ぬ前にもう一度だけ、みんなに会いたい」という芹香の願いをかなえるため、奈美は動き出す……というストーリー。

©株式会社MANTAN