【超ゴージャス】話題の映画「クレイジー・リッチ!」のロケ場所 in シンガポール

9月28日(金)公開予定の、「クレイジー・リッチ!」(原題:Crazy Rich Asians)をご存知ですか?本国アメリカでは一足早く8月15日に公開された、ロマンチック・コメディ映画です。ハリウッド映画でありながらアジア系の俳優が主要キャストを独占していること、スクリーン上に繰り広げられるラグジュアリーな世界観などが話題を呼びました。

そんな「クレイジー・リッチ!」のロケは、大半がシンガポールで行われています。一体どんな場所でドラマが繰り広げられたのか、観光気分で覗いてみましょう。

「クレイジー・リッチ!」ストーリー

まずは、映画のあらすじをご紹介させてください。

ストーリー:

生粋のニューヨーカー、レイチェル・チュウ(コンスタンス・ウー)は、長年の恋人ニック・ヤン(ヘンリー・ゴールディング)が親友の結婚式に出席するというので、一緒にシンガポールへ向かう。初めてのアジア旅行に胸を躍らせながらも、それまでニックが家族の話を避けているように感じていたレイチェルは、彼の家族に会うことにとても緊張していた。出発当日、空港で案内された先はファーストクラス……なんとニックは、かの国でもとりわけ裕福な一族の御曹司であるだけでなく、社交界の女性たちから超人気の独身男のひとりでもあったのだ。そんなニックの恋人として現れたレイチェルには、嫉妬深いお嬢さまたちからのキツーい視線が突き刺さる。さらに悪いことに、ふたりの交際をよく思わないニックの母親(ミシェル・ヨー)が仲を裂こうと画策し始める。そんななか明らかになってくるのは、お金で愛は買えないが、お金の存在は物事を断然複雑にするということだった…。

(ワーナーブラザーズ公式ホームページより)

主人公レイチェルの恋人ニックがシンガポールの大富豪の御曹司であるということから、周囲の人々も超リッチ! 画面の隅々までラグジュアリー感がみなぎり、観ているこちらまで元気になる映画です。それでは、ロケ地紹介の旅にHere we go!

【ロケ地その1】ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ

夜空に妖しくライトアップされたこの巨大なオブジェ。実はこれ、「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」(Gardens by the Bay)という植物園の中に佇む、高さ50mの人工樹木「スーパーツリー」なんです!まるでSF映画のセットみたいですね。

そんな非日常感が、「スーパー・リッチ!」の世界観にぴったりマッチしたようで、ニックの親友カップルの結婚式後の豪華なアフターパーティーの舞台として使用されています。

この場面で物語が大きく動くので、ストーリーの中でも非常に大事な場所なんですよ。

【ロケ地その2】ニュートン・フードセンター

シンガポールは、実は屋台飯天国でもあります。中華料理はもちろんのこと、マレーシア料理やインド料理まで、多種多様な料理を食べられるのです!

「スーパー・リッチ!」でも、主人公たちはシンガポールに到着するや否や、親友カップルと「ニュートンフードセンター」(Newton Food Center)というホーカーズ(屋台街)に向かいます。その食べっぷりの気持ち良いこと! ホッキエン・ミー(炒めた卵とライス・ヌードル)やサテ(肉の串焼き)、魚料理などを次々と注文し、片っ端から食べつくしていくのです。

この場面では、ニックをはじめとした登場人物たちの若者らしい横顔が垣間見えます。きっと皆さんも、映画を見ながらすぐにでも彼らと一緒にビールを飲みたくなりますよ!

【ロケ地その3】結婚式場「チャイムスホール」

ニックの親友カップルが結婚式を挙げるのは、「チャイムス」(CHIJMES)というマリーナベイ・シティ地区にある、飲食店やショップが入った複合施設。ここはかつてはカトリックの修道院として使われていたので、現在でも緑の芝生と大理石の滝がある中庭があり、結婚式には最高のロケーションなんです。美しいチャペルのチャイムスホールで撮影された結婚式は最高にロマンチックで、ため息の連続ですよ!

実際にウェディング会場として人気の場所ですが、この「クレイジー・リッチ!」効果で人気がますます過熱するのではないでしょうか。

【ロケ地その4】エキゾチックな「Tanjong Pagar」地区

主人公レイチェルが学生時代の友人とのおしゃべりを楽しむ場面は、「ハンプバック・シーフードレストラン」(Humpback seafood restaurant)のテラス席で撮影されました。チャイナタウンの一部である「Tanjong Pagar」地区にあるのですが、この辺りはエキゾチックな街並みを楽しめるエリアとしても知られています。インスタ映えも最高なので、ぜひ街歩きを楽しみたいですね!

【ロケ地その5】「マリーナ・ベイ・サンズ」の屋上

最後にご紹介するのは、高級ホテル「マリーナ・ベイ・サンズ」(Marina Bay Sands)の屋上。この地平線に消えていくような屋上プールは非常に有名ですよね! 映画「クレイジー・リッチ!」のラストシーンは、プール横にある屋外カクテルラウンジ「Ce La Vi」で撮影されました。もちろん、プールも重要な演出上の役割を果たしていますよ。

映画「クレイジー・リッチ!」ロケ場所5選、いかがでしたでしょうか。もし10月以降にシンガポール旅行の予定があるなら、ぜひ映画をご覧になってから渡航することをお勧めします。そうすれば、旅行が倍楽しめるのではないでしょうか。

[All photos by Shutterstock.com]

[クレイジー・リッチ!]

[Where to find the real-life crazy rich Asians in Singapore]

[Travel to These Top 'Crazy Rich Asians' Filming Locations in Singapore and Malaysia]

[The Crazy Rich Asians guide to Singapore: film locations you can actually visit]

[Gardens by the Bay]

[Chijmes]

[Humpback seafood restaurant]

[Marina Bay Sands]

Follow

TABIZINE

on

©株式会社オンエア