セーリングで岡田、外薗組が優勝

470級最終レースは中止

男子470級で優勝し笑顔の岡田(左)、外薗組=神奈川県江の島

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会最終日は16日、十分な風が吹かなかったために神奈川県江の島ヨットハーバー沖で予定されていた男女470級の最終レースが中止となり、第8レースを終えて首位に立っていた男子の岡田奎樹(トヨタ自動車東日本)外薗潤平(JR九州)組の優勝が決まった。日本セーリング連盟によると、W杯での日本男子の優勝は初めて。

 高山大智、今村公彦組(ヤマハ・セーリングチーム)が3位。女子では8月の世界選手権を制した吉田愛、吉岡美帆組(ベネッセ)が、第8レースまでの成績で2位となった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

47NEWS

全国47都道府県・52参加新聞社と共同通信の内外ニュース。地域の文化や活力を発信。 話題のニュースの核心に迫る署名入りコラム「47リポーターズ」もスタート。

最新ニュースを読む