ひこにゃんナンバープレートできた 彦根市、10月から交付

「ひこにゃん」などを用いた彦根市のご当地ナンバープレート

 滋賀県彦根市は、市の人気キャラクター「ひこにゃん」などを用いたミニバイクなどのご当地ナンバープレートを公開した。10月1日から交付する。

 デザインは、プレートの左側にひこにゃんが入ったものと、上半分が彦根藩の「井伊の赤備え」にちなみ赤色になっているものの2種類がある。対象はミニバイクなど4車種。

 9月18日~28日に、事前申請を市役所仮庁舎(同市大東町)の税務課窓口で受け付ける。事前申請があった人のうち、交付開始日の午前8時半までに仮庁舎の交付会場に来た人には、標識番号「1」のプレートから抽選で番号順に交付する。

 事前申請なしでもプレートは交付されるが、抽選で決定した以降の番号になる。

 同課0749(30)6140。

©株式会社京都新聞社