〔大分空港〕小型機胴体着陸による滑走路閉鎖は解除 発着便に欠航など相次ぐ(16日21時半現在)

大分航空ターミナルによると、大分空港では、小型機が胴体着陸したため、16日16:00過ぎから滑走路が閉鎖されていましたが、小型機の撤去作業が終了し、18:45頃から滑走路の運用を再開しました。
この影響で、大分空港発着便に欠航や目的地変更などのダイヤ乱れが相次いでいます。ダイヤ乱れは終日続く見込みです。

■大分空港 フライト情報
【欠航】
<大分発>
・SNA92/ANA3792(大分16:55→羽田18:30)
・ANA800(大分18:05→羽田19:45)
・ANA1692(大分18:55→伊丹19:55)
・SNA94/ANA3794(大分20:00→羽田21:40)
・IBX70/ANA3170(大分20:25→中部21:30)

・JAL2364(大分16:05→伊丹17:00)
・JAL672(大分16:50→羽田19:25)
・JAL674(大分19:15→羽田20:45)
・JAL2366(大分19:25→伊丹20:30)

<大分着>
・ANA1691(伊丹17:20→大分18:20)
・SNA95/ANA3795(羽田17:45→大分19:20)
・IBX69/ANA3169(中部18:45→大分19:55)

・JAL669(羽田16:55→大分18:30)
・JAL2367(伊丹18:00→大分18:55)

【目的地変更】
・福岡空港へ変更:ANA797、SNA93/ANA3793
・北九州空港へ変更:JAL667

Follow

レスキューナウ

on

©株式会社レスキューナウ

災害対応ワークショップ

企業BCP向け。災害時の初動対応手順や訓練計画を、短時間集中のワークショップで作成いただけます。

詳細・受講お申込み