「K SEVEN STORIES」エピソード3、興津和幸&釘宮理恵が登壇の舞台挨拶レポート

劇場アニメ『K SEVEN STORIES』Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」舞台挨拶付き上映会(C)GoRA・GoHands/k-7project

9月1日、劇場アニメ『K SEVEN STORIES』Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」の舞台挨拶付き上映会が、東京・シネマサンシャイン池袋にて開催された。上映終了後には比水流役・興津和幸と五條スクナ役・釘宮理恵が、担当キャラクターの所属組織「緑のクラン《jungle》」にちなみ緑色の衣装でステージに登場。客席から温かい拍手で迎えられた。

2018年7月より6か月連続で順次公開中の『K SEVEN STORIES』については、「(TVシリーズでの展開から)どうなるのか心配だった、でもこうきたか!」と語る両名。お気に入りのシーンやおすすめのシーンについて聞かれると、釘宮はスクナと紫の戦闘シーン、そして「共感できる」というスクナのセリフを推し、興津は“ビューティー☆エンジェル”こと紫の衝撃映像や平坂道反の謎について挙げた。

アフレコの思い出やお互いのキャラクターについてトークした後には、『K SEVEN STORIES』の舞台挨拶で恒例となっている「クランズマンコール」コーナーに突入する。

Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」でフォーカスされた「緑のクラン《jungle》」のミッションに客席にも参加してもらおうという企画で、スクナの号令により観客は緑色のサイリウムを頭上に。さらにスクナが「異能アイテム、雷公の術、発動!」と叫ぶと雷鳴が轟き、比水が「ミッションコンプリート。感謝です」というセリフで締めくくった。

楽しい脱線も交えつつ、最後には釘宮が「今回初めてご覧いただく方にも、TVアニメをご覧になって様々な方面から応援してくださっていた方にも楽しんでいただける作品になっていると思います」と挨拶し、興津は「毎週劇場で何かプレゼントを用意しているそうです。毎週来てください。これはミッションです」とメッセージ。舞台挨拶の幕が閉じられた。

『K SEVEN STORIES』Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」は9月1日より公開中。ユーザーに異能の力を与えるSNSアプリ《jungle》を使いこなす少年・五條スクナと、《jungle》の創始者であり《緑の王》比水流との出会いまでを描いている。

また10月6日からはEpisode 4「Lost Small World ~檻の向こうに~」の上映がスタートする予定だ。

劇場アニメ『K SEVEN STORIES』Episode 3「SIDE:GREEN ~上書き世界~」舞台挨拶付き上映会

開催日時:9月1日(土)

会場:シネマサンシャイン池袋

登壇者:興津和幸(比水流役)、釘宮理恵(五條スクナ役)

(C)GoRA・GoHands/k-7project

仲瀬 コウタロウ

Follow

アニメ!アニメ!

on

©株式会社イード