オリックス西、5回2失点の好投も「左脇腹付近の違和感」で降板

6回から2番手として澤田がマウンドに上がった

 オリックスの西勇輝投手が16日、敵地での日本ハム戦に先発。左脇腹付近に違和感を感じ5回を投げ終えたところで降板となった。

 先発の西は5回5安打2失点(自責1)と好投を続けていたが、6回には2番手として澤田がマウンドに上がった。降板理由について球団は「左脇腹付近の違和感」と発表。病院には行かずアイシング等の治療を行い様子を見る予定となっている。(Full-Count編集部)

©株式会社Creative2