鮮度、太さ、味… 「良いサンマ」の見分け方、知ってますか?

©ジグノシステムジャパン株式会社

さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介するTOKYO FMの番組「ピートのふしぎなガレージ」。9月8日(土)放送のテーマは「サンマ」。ニュースによると去年まで不漁が続いていたサンマも、今年は豊漁なんだそう。塩焼きに刺身、煮物に炊き込みご飯と、旬のサンマを堪能できる季節となりました。今回はおいしい「サンマ」の選び方を、TOKYO FMの番組の中で詳しい方に教えていただきました。
(TOKYO FM「ピートのふしぎなガレージ」2018年9月8日(土)放送より)

鮮度、太さ、味… 「良いサンマ」の見分け方、知ってますか?

◆「良いサンマの見分け方、教えます」斉藤水産 斉藤又雄さん

── 今年のサンマはどうですか?

今年は9月に入って大型船が出たところ豊漁だったので、値段もそこそこです。不漁だった去年に比べれば全然安くなっています。去年は町のスーパーで1尾200~300円もしましたし、型も細かったでしょう。でも、今年は最初からけっこう大型のサンマも出ていますし、とりあえず量が穫れていますから値頃です。良いサンマがいっぱい出ています。

ウチあたりは1尾のサンマが180~200g前後。もっともこれは築地場外で扱うサンマなので、一般的には165~170gくらいが普通の大きさでしょうか。サンマは大きいと脂の乗りが違うので、大きいほうがおいしいです。

── サンマの産地はどこがおすすめですか?

私は北海道沖で穫れたサンマが一番だと思います。でも、サンマが北海道から三陸沖へと南下するに従って型も大きくなっていくので、三陸のサンマもおいしいですね。

ウチは毎朝、築地場内の仲買さんから型の大きさなどを聞いて魚を仕入れているのですが、今日は北海道産、青森沖のサンマが11尾で2kgというのが最高でした。これが13~14尾と増えていくと細くなっていきます。今日のサンマはみんな贈り物として購入されたので、すでに送ってしまいましたが。

── サンマが贈答品として購入されるんですか?

今の時期はそうなんです。ブリやアジは年間を通してありますが、生のサンマはそのときにしか食べられないものなので、贈答品として好まれるのでしょう。サンマは塩をふって焼くだけでいいという手軽さも良いですね。

サンマが太っているかどうかは、お腹や背中を見ればわかります。それから目の透き通ったものが良いです。さらに脂が乗ってくると、尾びれのほうや頭の部分が少し黄色くなります。それが一番良いサンマなので、見かけたら、ぜひ逃さずに買ってください。

TOKYO FMの「ピートのふしぎなガレージ」は、《サーフィン》《俳句》《ラジコン》《釣り》《バーベキュー》などなど、さまざまな趣味と娯楽の奥深い世界をご紹介している番組。案内役は、街のはずれの洋館に住む宇宙人(!)の博士。彼のガレージをたまたま訪れた今どきの若者・シンイチと、その飼い猫のピートを時空を超える「便利カー」に乗せて、専門家による最新情報や、歴史に残るシーンを紹介します。

あなたの知的好奇心をくすぐる「ピートのふしぎなガレージ」。次回の放送は、9月22日(土)放送のテーマは「アニメ」。お聴き逃しなく!

<番組概要>
番組名:ピートのふしぎなガレージ
放送エリア:TOKYO FMをはじめとする、JFN全国37局ネット
放送日時:TOKYO FMは毎週土曜17:00~17:50(JFN各局の放送時間は番組Webサイトでご確認ください)
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/garage