大分空港で小型機胴体着陸

一時閉鎖、けが人なし

大分空港の滑走路に胴体着陸した小型機=16日午後5時24分

 16日午後4時すぎ、大分県国東市の大分空港で、小型機が滑走路に胴体着陸して立ち往生した。搭乗員は男性1人でけがはなかった。国土交通省大分空港事務所などによると、火災は生じておらず、他に巻き込まれた人もいない。

 この影響で滑走路が約2時間半閉鎖され、日本航空や全日空の東京―大分や大阪(伊丹)―大分など少なくとも14便が欠航。行き先を変更して福岡、北九州両空港に着陸した便もあった。

 トラブル直後、空港の受付では利用客が長蛇の列を作り、職員が説明に追われた。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る