別れても好きな人…今も、忘れられない「元恋人」はいますか?

東京の声とシンクロするTOKYO FMの番組「シンクロのシティ」。ボイス収集隊が東京の街に繰り出し、さまざまな人々に声をかけ、ひとつのテーマについてその人の意見や思いを聞き出します。その声を聴き、リスナーと共に考えるのはパーソナリティの堀内貴之。今回のテーマは「忘れられない元恋人はいますか?」でした。東京の街の人々に、忘れられない昔の恋人のお話を聞いてみました。

※写真はイメージです

テーマ:「忘れられない元恋人はいますか?」

【新宿三丁目で出会った42歳の男性】

いますね。今から20年くらい前、彼女は学生さんで僕はフリーターでした。今、私は結婚しているんですけど、その彼女とは恋愛関係が長かったので、妻の次に僕を知っている女性ということで心に残っています(笑)。

――なぜ、終わりのほうに向かっていったんですか?

結局、彼女の気持ちがいつの間にか離れていった感じですね。私も自分のことしか考えていなかったことも多くて。最後は連絡が取れなかったので、彼女のアルバイト先に直接行って、仕事が終わるまで2~3時間待ちました。喜んでくれるかなって想像していたんですけど、会ったとたんにイヤな顔をされてしまって……。そこで、「あぁ、もうダメなんだな」って悟りました。しばらく引きずりましたね。

――ご結婚されて家庭円満な中、元恋人を思い出すことも?

家族と訪れた場所で「昔、来たことあるんだよな~」なんて思い出したりすることもありますけど、決して口には出さないですね(笑)。初めて来たようなフリをします! きっと妻も同じように封印しているものがあると思います。お互いにそこは封印するのが大人のマナーだと思います(笑)。

【高円寺で出会った37歳の女性】

15、16年前の話なんですけど、当時、夢を追いかけながら新宿のクラブで働いてまして。そこで知り合った方が、とにかく面白くてものすごく頭が良くて、尊敬の思いから好意を持ちました。石破さんって政治家がいらっしゃいますよね、その方にソックリなんです! 顔も体形も(笑)。その方とは30歳くらい年が離れてましたね。夜の歌舞伎町を飲み歩いたり、寝ないで朝まで飲んだりしたこともあって、そういうことが続いて付き合うことになりました。

料理がものすごく上手で、いろいろと料理のことも教わりました! 包丁をくれたんですよ、その人が愛用していた。その包丁は今でも研いで大事に使っています。ソウルミュージックが好きでレコードをくれたりとか、マイケル・ジャクソンのダンスを踊ってくれたりして、一緒によく歌ったり踊ったりしましたね(笑)。でも、実は独身じゃなかったんです。なので、私も好きだったんですけど、良くないと思って別れを切り出しました。

ものすごくインパクトがあった人で、プラスになることがすごく多かった出会いでした。これから、その人を超える人が出てくればいいんですけどね。なんて言うんだろう……今は「心のお守り」的な。いろんなことを頑張れたり、乗り越えたりできるような、心で握りしめている、小さなお守りですね。

【渋谷で出会った53歳の女性】

10代の頃にお付き合いした人が、忘れられないですね。私のほうが一目惚れという感じで。優しくて、とにかく笑顔が好きだったんですね。見た目が私のタイプだった。昔でいうと、和風しょうゆっぽい感じの顔ですね。

――どのくらいお付き合いをされていたんですか?

私が働き出してから、一度別れたんですね。そのときは私が仕事が忙しくて、私から別れようって言っちゃったんですけど、25歳になる前ぐらいのときに、やっぱりその彼が忘れられなくて。手紙を書いたんです。「もしも、もう一回お付き合いしてくれるんだったら、山梨県のどこどこに来て」って。そうしたら、彼が来てたんですよね。甲府の駅で待ち合わせしました。ドキドキましたね。会って、やっぱり私はこの人が好きだと思いました。

――最終的にピリオドが打たれたのはいつですか?

26歳の頃ですかね。好きな気持ちはあったんですけど、親の反対を受けて。泣きました。自分から言って別れたんだけど、泣いて泣いて……すごく泣いたような気がします。今は楽しい、いい思い出ですね。出会って良かったなと思いますし、いい思い出があることは、ないよりはいいなっていうふうに自分に思い聞かせてます。いやな思いをしたことは、ひとつもないです。

【代々木で出会った49歳の男性】

印象に残ってる人が1人いますね。つかみどころのない、猫みたいな感じの子でした。見た目は女優の荻野目慶子さんに似ていて、すごくかわいい感じの子でしたね。「付き合わない?」「いいよ」って感じで付き合い始めたんですけども、本気で付き合うとなると、どうもスカされる(笑)。なかなか本気度を伝えられなかった感じでしたね。結婚してもいいなと思うくらい好きだったんですけど。

仕事も毎日午前様になるぐらい忙しかったんですけど、デートの日だけは腹痛を理由に仕事をすっぽかしてましたね(笑)。付き合っていても、こっちの気持ちが届いてるのかどうかがいまいちわからない子だったので、すごく悩まされた印象がありますね。実際に本気で結婚したいという思いを伝えたこともあったんですけど、そうすると音信不通になっちゃったりとか(笑)。NGなのかなって諦めてたところに、また突然、何事もなかったように連絡が入るみたいな(笑)。

結婚について「どうなの?」って聞くと、「それはまた、あとで考えましょう」みたいな感じではぐらかされて、こっちも「う、うん。そうだね」って(笑)。そのうち、またいなくなって。あんまり笑う子じゃなかったんですけど、たまに笑うとくしゃくしゃになる子だったので、すごく印象に残ってますね。「あ、すごい笑うんだ」って(笑)。今まで付き合った人の中では期間は短いほうでしたが、彼女が一番印象に残ってます。

【忘れられない恋がある人生は美しい】

堀内貴之は「どの思い出話も、本当に輝いていました。自分の青春の証。美しかったな……」とコメント。手痛くフラれた経験、道ならぬ恋、優しかったあの人。振り回され、最後までわからなかった人……。ちょっと切なく、でもなんだか眩しい。昔の恋は、いつか優しい思い出に変わるのだなと感じた放送でした。

<番組概要>
番組名:シンクロのシティ
放送日時:毎週月~木曜15:00~16:50
パーソナリティ:堀内貴之、MIO
番組Webサイト:http://www.tfm.co.jp/city/

©ジグノシステムジャパン株式会社