東京湾の入り口にクジラの死骸 船に衝突のおそれ

16日午前、神奈川・三浦市沖で、体長およそ4メートルのクジラの死骸が見つかった。

午前11時ごろ、三浦市の剱埼灯台から、およそ8kmの沖合で、航行中の船から、「ボートくらいの大きさのクジラが浮いている」という通報があった。

海上保安庁の巡視船が確認したところ、体長およそ4メートルのクジラが死んでいたという。

海保では、船に衝突するおそれがあるため、巡視船を近くに待機させて、注意を呼びかけている。

©株式会社フジテレビジョン