極早生ミカン 肥のあかり出荷はじまる

熊本県産の極早生ミカン「肥のあかり」の出荷が始まりました。

出発式には、JAの職員など50人余りが集まり、JA熊本うきの堀幹男組合長が、

「消費者に宇城のミカンが食べたいと思ってもらえる様な取り組みをしていきましょう」と挨拶しました。

熊本県が独自のブランドとして開発した「肥のあかり」は、従来のミカンより早い時期に出荷できる上、糖度が10度以上、酸味が3%以下と甘く、全国で人気を集めています。

JA熊本うきでは、肥のあかりに続いて年内は温州ミカン、そして年末から来年初夏にかけてデコポンの出荷と続きます。

(RKK熊本放送)

Follow

熊本放送(RKK)

on

©株式会社熊本放送