F1第15戦シンガポールGP予選トップ10ドライバーコメント

©株式会社サンズ

 2018年F1第15戦シンガポールGP、予選トップ10に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツルイス・ハミルトン 予選=ポールポジション

 今日は理想的なラップを走れなかった。全体的に見て予選はもっとうまくやれたはずなのに、そうはならなかった。マシンから最高の力を引き出すことができなかったと思う。ひと言で言って、スムーズな予選ではなかった。

(ライバルとの)差は大きいけれど、その原因の一部はコースがとても長いというところにあるので心配はしていない。(ポールポジションを獲得した)ルイス(・ハミルトン)はとてもいいラップを走ったが、彼に勝つのは不可能だったとは思わない。

 もちろんいつだってフロントロウからスタートする方が有利には違いないが、明日の決勝は問題ない。僕らのマシンは優れているし、前のグループについて行き、2時間のレースのなかで何かしらできると信じている。レースでは何が起こるか分からないしね。

 もちろん要素はすべて揃っていたから、僕らは本当ならもっといい結果を出せたはずだ。でも今日は物事すべてをうまくまとめることができなかったんだ。

 3番手だって大失敗というわけではないので、取り乱したりはしていない。ただ、今日の予選ではポールを獲りたかったし、そのチャンスがあったのは確かだ。

 まとまりのない予選になってしまい、Q3では大幅にタイムを失い、3位どまりという結果になった。僕らの予選のやり方では、リズムを作るのが難しかった。予定どおりには進行せず、Q1からQ3までずっと苦戦した。

 ライバルたちの方がいい仕事をした。ルイス個人だけでなく、メルセデスチームもそうだ。でもこのギャップ(0.613秒)を心配してはいない。今日の予選では僕らの強さを示せなかった。パッケージから最大の力を引き出すことができなかったのが残念だ。

 けれどもいまは気持ちを切り替えて、明日の戦いがどうなっていくかに注目していよう。

■メルセデスAMG・ペトロナス・モータースポーツバルテリ・ボッタス 予選=4番手

2018年F1第15戦シンガポールGP バルテリ・ボッタス

 おかしな予選だった。Q3で速さを失ったことに驚いた。FP3から予選までの間にいくつかの変更を施し、最初はマシンの感触はかなりよかった。変更したことすべてがプラスに働いたように思えたし、路面が改善するにつれてどんどん速くなっていくものと思っていた。ところが、予選が進むにつれてペースを失っていったんだ。

 なぜそうなったのかについての答えは、まだ持ち合わせていない。今はただただ悔しい。正直言ってフロントロウを獲得するチャンスもあると思っていたのに、1時間の間にライバルたちから1秒近い差をつけられてしまった。

 Q3で2回アタックしたが、改善することはできなかった。すべてを正しく行ったにもかかわらず、ラップタイムにはそれが表れなかったという感じだね。

 レースペースが良いことは分かっているが、市街地コースでは予選がとても重要だ。不可解で苛立つ予選だったけれど、とにかく答えが見つかることを願っている。

■レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チームセルジオ・ペレス 予選=7番手

2018年F1第15戦シンガポールGP セルジオ・ペレス

 素晴らしいパフォーマンスを発揮できたと思う。最後のアタックではターン21でひどいオーバーステアに見舞われてしまった。そこでコンマ3秒ほど失ったと推測できるから、あれがなければ(7番手のセルジオ・)ペレスとはかなり接戦になっていたはずだ。フォース・インディアはモナコが本当に速かった。ここも同じタイプのコースだから、彼らに近づくことができて少し驚いている。

 ケビンが(Q1で)脱落したことは残念だ。0.1秒ほど足りなかったのだと思う。こうしたコースではQ1で限界を探り出すことが、いつだって難しいんだ。プッシュしすぎてクラッシュするのも嫌だけれど、上に行くためにはプッシュする必要がある。

 とても長いレースになる。ハイパーソフトタイヤは3周くらいしか力を発揮しないから、その後はソフトに交換したほうがいい。明日は面白くなるだろう。暑くなるし、セーフティカーも出るだろうから、良いレースペースで走ってバトルをしていけるといいね。

■レーシング・ポイント・フォース・インディアF1チームエステバン・オコン 予選=9番手

2018年F1第15戦シンガポールGP エステバン・オコン

 今夜の結果をとてもうれしく思っている。僕らには素晴らしいマシンがあるし、アップデートも本当によく機能しているから、今日達成した結果に満足していいと思う。

 ウォールにこすってしまったことで少しタイムを失っただろうから、僕のQ3でのアタックは理想的ではなかった。これがなければ、グリッドのもう少し上につくこともできたかもしれない。

 明日に向けてはいい感触を持っている。レースでは何が起きてもおかしくないから、トラブルを避けつつ機会をうかがう。ここではオーバーテイクが容易ではないので、1周目が本当に重要になる。ポイントを多く獲得できるだけのレースペースはあると思うよ。

■ルノー・スポール・フォーミュラワン・チーム
ニコ・ヒュルケンベルグ 予選=10番手

2018年F1第15戦シンガポールGP ニコ・ヒュルケンベルグ

 もっとグリッド上位につけられるポテンシャルはあっただけに、少し悔しいね。最後のアタックはあまり良くなかったけれど、予選ペースはタイミングシートで見るほど悪かったわけではない。今日は7番手、8番手あたりが可能だっただろうが、思うようにいかなかった。

 昨日のシミュレーションではレースペースが良かったので、ポジティブでいられるよ。タイヤとレースのマネージメントが極めて重要になる。ハイパーソフトタイヤでのスタートは簡単ではないだろうけれど、可能な限りうまく管理していかなければならない。良いレースを走り、すべてを最適化して、久しぶりにポイントを獲りたい。