切って、炒めて、煮るだけで!? レトルトソースで作れる絶品ミネストローネ

こんにちは5歳です。Twitterで嫁との生活についてツイートしていたら「お嫁さんの恐ろしい所と、甘えん坊な所のギャップが可愛い!」と話題になり、ついにフォロワー数12万人を突破しました。

ツイートが原作になった漫画も発売され、今Twitterで一番乗りに乗っているアカウントです。主に嫁と2人の愛すべき息子達について呟いたり、時々コラムを書いたりしています。

アリシーでは、僕と嫁のご飯を介したやりとりを交えながら、とびきりおいしいオリジナルレシピをご紹介します。さて、今日のご飯は……

肌寒い季節になってきた。
僕のこの時期のお気に入りは、ミネストローネです。

皆さんは、ミネストローネを家で作った事ありますか?
名前だけを聞くと、作るのが難しそうに思えますが、実はめっちゃ簡単に出来ます。

僕は行きつけのイタリアンのミネストローネを、通い詰めて完全に再現する事に成功したので、今回ご紹介します! ぜひ作ってみてください!

■フライパンひとつで出来るミネストローネ

◆材料
レトルトのミートソース……2人分入り
玉ねぎ……1/2個
ニンジン……1/2本
じゃがいも……2個(中サイズ)
ベーコン…。70g
セロリ……1/2本
ホウレンソウ……5束
コンソメ……1粒
生クリーム……100cc

<作り方>

1. ホウレンソウをお湯で1分半茹でておく。

2. 玉ねぎをみじん切り、ニンジンとじゃがいもは1㎝くらいにサイコロ状に切る。ベーコンは2㎝で切る。

3. 油をひいたフライパンで玉ねぎとベーコンを炒める。玉ねぎが透明になってきたら、ニンジンとじゃがいもを入れて5分くらい炒める。中火くらい。

4.フライパンに水400ccとコンソメを入れて中火で15分煮る。

5.ミートソースを投入。セロリを2㎝くらいに斜め切りして入れる。最初に茹でておいたホウレンソウも入れる。弱火で5分煮る。

6.生クリームを入れて一煮立ちさせたら完成です。

※熱でクセがなくなるため、セロリが苦手な人でも食べられます。うちの嫁もセロリ好きじゃないけど大丈夫でした。セロリを入れた方が格段に美味しくなると僕は思います。

僕がレシピ用の写真を撮りながら料理を作っていると、その横で腹ペコの嫁が「うぅ〜お腹減ったよぉ〜、写真なんていいから早く作ってくれぇ〜」とうめき声を上げている。

部屋中には玉ねぎとベーコンを炒めた香りが漂っている。嫁がその香りに鼻をクンクンとさせながら、「拷問だぁぁあ!」と言いながらソファの上でゴロゴロと暴れている。

ニンジン、じゃがいもを入れてコンソメを入れた時点で嫁がキッチンにやってきた。味見をさせると「もうこれでコンソメスープの完成じゃん!」と言いながら、もっと食べさせろと訴えてくる。でも、僕が作りたいのはミネストローネだから、ごめん待ってて。

空腹を紛らわすために冷蔵庫の前で踊り始めた嫁を横目に、僕はフライパンにセロリを入れる。

セロリは生だとクセがスゴイけど、スープにいれるとそのポテンシャルを最大限に発揮する。その事に最初に気付いた人は、とてもえらいと思う。

嫁が大好きなホウレンソウを投入したら、仕上げに生クリームをいれる。ミートソースで味付けられた赤いスープがクリーミーな色合いになった。

ふんわりと漂うミネストローネの香りを楽しみながら、味見した僕は思う。

「僕は天才かもしれない……!」

出来上がったミネストローネをテーブルに運ぶと、まるで飲み物の様に勢いよく食べる嫁。

「こーちゃん……これ最高だね! 将来出店するカフェで出そう!」

と目を輝かせながら嬉しそうに嫁が言う。

またひとつ、カフェのメニューの候補が増えました。

殿堂入りしたミネストローネレシピ、ぜひ一度作ってみて下さい。

H0oXfEZX_400x400.jpg

アリシーグルメ部

アラサー女性が自分らしい生き方を見つけるためのWebメディア「アリシー(@aliceynews)」のグルメアカウント。時短レシピや簡単レシピ、ネットで話題のバズグルメ、便利なキッチングッズなど、日々の食事が楽しくなる情報をお届けします。今日のごはんは何にする?自分の「好き」を見つけてみて。

アリシーグルメ部@alicey_gourmet

(5歳+アリシー編集部)

©株式会社NTTドコモ