農林水産の被害397億円

北海道の地震、林が崩壊

北海道厚真町で地震により崩れた土砂で被害を受けた農地=7日

 北海道は16日、地震による農林水産業の被害が推計約397億円に上ると明らかにした。土砂崩れで林や農地が被害を受けたり、停電の影響で生乳を冷却できず廃棄したりした。集計は16日時点で、さらに増える見通しだ。

 道によると、震度7を観測した厚真町などの土砂崩れで林が大規模崩壊し、復旧費用を約225億円と見込んだ。加えて林道の損壊で約48億円の被害が出た。農業では、農地に土砂が堆積したり、用水路が壊れたりした被害が約93億円。生乳の廃棄など、停電による酪農関連の被害は約21億円だった。

Follow

共同通信

on

©一般社団法人共同通信社

昭和天皇 素顔の27冊

昭和天皇の身の回りの世話をする侍従を長年務めた故小林忍氏の日記が見つかった。27年分の27冊に側近が見た昭和天皇の日常が凝縮している。貴重な昭和後半史として紹介

特設ページを見る