「食べるワイン」ってどんな味?山梨こだわりの「甲州信玄豚カレー」を食べてみた

©INCLUSIVE株式会社

カレーの好みは人それぞれ。あなたはどんなカレーが好きですか?

筆者が今回食べたのは『甲州 信玄豚カレー』。山梨のご当地カレーです。

■山梨で生まれた地産地消カレー

こちらのレトルトカレーは、本物の“山梨ブランド”をつくりたいという願いから発足した『甲州信玄の会』がプロデュースしたもの。“「山梨県内で生産・製造された商品若しくは山梨県産の原料を用いた物」を基準”に、地産地消にこだわってつくられており、山梨の豊かな自然と、美しい水で育てられた、甘みがのったとろける脂が自慢という甲州信玄豚がたっぷり使われています。

■旨みがギュッと詰まった「食べるワイン」!?

『甲州信玄の会』のHPを見てみると、「甲州 信玄豚カレー」は“食べるワイン”との記載が。お酒は日本酒派の筆者ですが、「素敵OLの飲み物ワインが食べられるって?えっ、どういうこと?」と思い、パッケージの裏面を確認。

すると、隠し味には山梨県産のワインの搾りかすからつくられたワインペーストを使用しているとのこと。

「なるほど、それはコク深い味わいにちがいない……!」

食べる前から期待が高まります。

■合計11個!ゴロゴロ豚がたっぷり

いざ実食! ルーをご飯の上にかけてみるとびっくり。想像以上にお肉がゴロゴロ入っているではないですか! 数えてみるとなんと11個もの大きな豚肉が入っていました。

とろとろというよりは歯ごたえのある豚肉で、噛むたびに肉のうまみが口に広がります。

ルーはやや辛みがあり、“お上品な中辛カレー”という印象。

気になる隠し味は……「やっぱり隠し味は隠れているから隠し味なんだな」というのが正直な感想。おそらくお上品な味わいを実現するために一役買っているのがワインなのでしょう。ワインの味はまったくせず、コクは期待したほど深いわけではありませんでした。

■小忙しいOL的レビュー

味 ★★★☆☆

辛さ ★★★☆☆

もう一度食べたい度 ★★☆☆☆

さらっとしていて食べやすく、なによりお肉たっぷりのカレー。ポークカレー派ならば一度は食してみる価値アリです。こだわりの詰まった『甲州信玄豚カレー』ぜひご賞味あれ。

【参考】

甲州信玄HP